目元による老け顔を改善|ダウンタイムのないサーマクールでたるみ改善治療
レディ

ダウンタイムのないサーマクールでたるみ改善治療

目元による老け顔を改善

女医

3種類の症状とは

老け顔の要因とされる目のクマは、実は複数の種類があるため自分では原因を特定しづらく対処が難しいものです。そこで現在では美容外科での目のクマの治療が人気ですが、美容外科ではまず3種類の症状のどれに当てはまるかを診察します。目のクマを引き起こす原因として目元の血行不良が挙げられますが、これは慢性的な睡眠不足や体質によって目の下の毛細血管が鬱血することで起こります。次に多いのがハリが失われることによる目の下のくぼみと、逆に脂肪がつくことによるアンバランスな膨らみという原因です。くぼみはヒアルロン酸やコラーゲンが不足することで起こり、脂肪による膨らみは肥満をきっかけに起こります。美容外科ではこれら3種類の症状を考慮したうえで、患者の目のクマのタイプに合わせて異なる治療を行います。

相乗効果を利用しよう

代表的な肌の悩みである目のクマの治療を美容外科で受ける場合、肌の他の症状に対しても同時に治療を受けられる場合があります。特に血行不良による目のクマへの治療には毛穴や肌質を整えて美肌効果を得られるものが多いです。レーザーや微弱電流による目のクマの治療は近年盛んに行われており、これらの治療法は肌に存在しているヒアルロン酸やコラーゲンの生成を活性化させます。肌の表面から内部にアプローチするレーザー・微弱電流療法は、皮膚の奥だけでなく表面にも作用し、毛穴を引き締めたりニキビ改善をしたりという効果も持ちます。美容外科で目のクマの治療を受ける際には、相乗効果を期待できる治療法がないかを確認し、総合的な治療が受けられるように工夫しましょう。